晩秋アーチ橋ツアー2017
10月1日〜雪が積もるまで 

nagagutu01_z_03.pngnagagutu01_z_03.png
*タウシュベツ橋が見えていて林道が通行可能な時はタウシュベツ橋へ、水没時や林道不通(大雨や降雪時)は他のアーチ橋を紹介します。

色づいた森もすっかり葉を落とし、北海道もゆっくりと冬へと近づいています。れたフキの葉の下にはしっかりと来春用のフキノトウが半年先を待っています。オスジカはメスを恋しがってあちこちで遠吠えをしています。「奥山に もみじ踏み分け なく鹿の 声聞くときぞ 秋ぞ悲しき」の声ですね。
晩秋の風景とアーチ橋を、車を使って巡り歩きます。歩く距離は1km程度で、ドライブと軽い散策です。
道すがら、昭和初期に作られた旧国鉄士幌線のアーチ橋やプラットホームが残る幌加駅跡も見学してゆきます。
(※糠平湖に架かる有名なタウシュベツ橋が水没中の時は、第三音更川橋梁や第五音更川橋、三の沢橋などを見学します。)
大雪山の自然や鉄道の歴史、そして森林開拓でにぎわった地域の人々のことなどをご紹介します。
IMG_2936.JPG IMG_2948.JPG IMG_2788.JPG

* 時間  (9時~11時30分・14時〜16時30分)1日2回実施
* 参加費 大人3,150円 小学生1,550円 (税込み)
* 定員 14名(*要予約)ツアーお申し込みはこちら
* 集合場所・時間 ぬかびら文化ホール (開始10分前までにお越しください)
* 長靴・雨傘はご用意します。   
※荒天時は中止になります。ご了承ください。
お一人でご参加の方、他にお客様がおられない場合は、4,000円での開催となります。ご了承ください。
※糠平周辺の紅葉は10月一週目が綺麗です。紅葉が終わり葉っぱが散るとアーチ橋や線路跡はよく見えるようになります。

IMG_3093.JPG IMG_3064.JPG IMG_3092.JPG